・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by catica
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「手しごと」のお話。親子教室への想い
親子教室の時には、A4の大きさの簡単なレジュメを作って行きました。
そこにはニードルフェルトの簡単な説明と、わたしのプロフェィール、それから「手しごと」のお話という題で、親子教室への想いを少しだけ書かせていただきました。


✽「手しごと」のお話✽
私達のおばあさんが若かったころの時代は、赤ちゃんが産まれたときのお祝いには「毛糸」が贈り物とされたそうです。
物も少なく、子どものセーターやニット帽はお母さんが編まなければ手に入らなかった時代には、「手しごと」は生活の一部。生きていくために必要だったのかもしれません。
しかし、現代では物もあふれ、なんでも安く手に入る時代になっています。「手しごと」は生きていくために必要なものではなく、癒しの時間だったり、趣味として考えられています。(とても幸せな時代になりました) 
お母さん業、お仕事・・・とっても忙しい毎日だとは思いますが、どうぞ子どもたちへの愛情表現の手段として、またご自分が楽しめる、癒される時間として、生活の一部に「手しごと」を取り入れていただけたらと思います。


*↑こちらではお母さんと書いていますが、もちろんお父さんも!!親子教室に、同級生がパパとして参加していて、思わぬ再会にビックリ。嬉しくなりました。
by catica | 2011-07-25 20:10 | amimono diary
<< 夏休みのお知らせ 家庭教育学級の講師として >>